妊娠中、妊婦さんに欠かせないビタミンB6

オーガニックレーベル 葉酸

妊娠したら葉酸を摂るというのは、たまひよなどでも紹介されるし、産婦人科などでも言われるのでよく知っている方も多い戸思います。
妊娠に関わる栄養素して注目されている葉酸はビタミンB群のひとつ。

 

しかし、葉酸以外にも重要な働きをしてくれるビタミンB群って他にもあるのですが、中でも注目すべきなのがビタミンB6.
葉酸は、比較的、認知度も上がっているので大丈夫なのですが、ビタミンB6って何?って方もけっこう多いと思います。

 

ビタミンB6というのは、もともとたんぱく質や脂質を代謝するのに欠かせない栄養素なのですが、妊娠中、特に妊娠初期の段階では重要な働きをしてくれるのですが、それが“つわり対策”。

 

つわりが引き起こされるのには、いろいろな理由があるし、人によってつわり症状も違ったりするのですが、多くの方が体験して辛い思いをしているのが、つわりの吐き気などだと思います
これは、妊娠してつわり症状を体験した人じゃないとわからないと思いますが、相当キツイです。
私の場合は、相当きつくて、食事はもちろんですが、立ち上がることも難しかったです。

 

そんなつわりにビタミンB6は効果を発揮してくれる栄養素なんだそうです。
実際、妊娠前から意識的にビタミンB6を取っていた人と、そうでなかった人を比べたら、断然妊娠前からビタミンB6を摂っていた人のつわり症状が軽かったそうです。

 

ビタミンB6は、アミノ酸の1種でもある、トリプトファンの代謝異常が関係しているといわれているのですが、ビタミンB6は、そんなアミノ酸の代謝を正常に導いてくれる働きも期待されているんだそうです。

 

 

つわりが酷くなると、食事はまともに喉を通らなくなるし、そうなると栄養不足でお腹の中の赤ちゃんにも影響がでてきます。
そういう足りない栄養を補う、そして赤ちゃんの先天性異常のリスクを下げるということを行うのにオーガニックレーベルの葉酸サプリなどで補うことは大切になってくるんですよね。

 

しかも、オーガニックレーベル 葉酸には、つわり症状へ働きかけてくれるビタミンB6も配合されているので、まさに一石二鳥!ってわけですね!

 

オーガニックレーベル 葉酸についてはこちら